1975年(昭和50年)11月6日に設立総会を開催し、翌年5月8日に社団法人日本青年会議所の分科団体として認証された(業種別部会認証番号=22)「社団法人 日本青年会議所 鉄鋼部会」は、1985年1月の総会で「社団法人 日本青年会議所 鉄鋼機械工業部会」へと部会名称を変更、そして設立満35年の2010年1月の総会で「日本青年会議所 鉄鋼機械工業部会」へと名称変更するとともに公益社団法人日本青年会議所の支援団体という位置付けになりました。 2014年9月5日には40周年記念式典・祝賀会を開催する事が出来ました。


ご 挨 拶

第45代部会長 奥田 雅保 (所属LOM 一般社団法人東大阪青年会議所)

『挑戦』〜時代の変化に対応したものづくり現場へ〜

  日本のものづくり産業は、戦後我が国の基幹産業として雇用を創出し、輸出産業として国の存立基盤を支えてきました。リーマンショック以降製造業の業績は落ち込みましたが、近年は改善傾向にあり力を取り戻しつつあります。しかしながら技能人材をはじめ人材不足が顕在化しております。このような状況下でも生産性の高い現場を構築していかなければなりません。そのためにはロボットの導入による自動化と省人化や、あらゆるものがネットワークでつながるIoTの活用や人工知能の導入により、設備の稼働や生産性の見える化を行うことでタイムロスや従業員の負担を軽減する等、業務の効率化を図ると共に、労働生産性の向上のためのデジタル化に対応した人材育成の取り組みが必要です。このように更なるデジタル化が進む時代に対応することで今抱えている問題解決に挑戦し、労働時間の短縮が図れるスマートなものづくり現場を築いていかなければなりません。 全国各地から集まる青年会議所の同業種の仲間と共に行動し、メンバー間で製造業の情報や社業の状況や新たに挑戦していることを語り合うことで、気づきを得られ社業の発展に繋げていきます。企業視察では機械の自動化やIoTを活用されている企業、人材不足を改善するための取り組みを行っている等、時代の変化に対応した経営に挑戦している企業を視察し、視察先の事業内容や問題解決に向けた取り組みについて学ぶことで、社業の発展や改善に活かせるような運営をしてまいります。また、全国各地にいるメンバーが一堂に会することができる機会は年に数回しかありません。この貴重な機会を有意義なものにするために、FacebookやHP等の情報発信ツールを活用し、部会の活動を発信することで一人でも多くのメンバーに地区大会に参加していただけるように努めてまいります。そして、会員拡大のために入会見込み者リストを作成し、新入会員の情報収集および共有をすることで部会メンバーと協力して会員拡大に取り組んでまいります。また、部会には各地会員会議所やこの部会で活躍された多くのOBが在籍されております。私たちはOBの皆様と積極的に交流し貴重な意見をいただくことで社業や部会での活動に活かしていきましょう。 私は2011年に一般社団法人東大阪青年会議所に入会し、様々な方との出会いとJCでの活動を通じて成長の機会をいただきました。そこには先輩諸兄から連なる想いと運動が受け継がれ、今の運動へとつながっていると感じました。 2019年度鉄鋼機械工業部会の部会長として責任の重大さを自覚し、部会での活動を通じてメンバーが成長することで、歴史あるこの部会が発展し未来につながる強靭な組織へと成長できるよう1年間邁進してまいります。  

〈鉄鋼・機械・加工業に関連するJCメンバーの皆様へ〉 まずはお気軽にお問い合わせください。産業の根幹であるものづくりに情熱を燃やす志し高きOB・現役会員がたくさんいます。この部会での出会いがJCライフをより充実したものにしてくれるでしょう。
オブザーバー参加大歓迎!です。
まずは行動してみませんか。

2019年度基本方針
  1. 時代の変化に対応し、課題解決に挑戦しよう
  2. 部会員の関係を強化しよう
  3. OBとの関係を強化しよう
■2019年度事業計画
  1. 総会の実施
  2. 企業視察の実施、地区大会の企画運営
  3. 部会員拡大のための企画・実施
  4. 業種別部会連絡会議との連携